カード 借金

カード社会と借金

今や日本はカード社会です。

 

キャッシュカード、クレジットカード、キャッシングカード、デビッドカード、電子マネー、プリペイドカードなど沢山種類ありますね。
それぞれがどういうものか知っていないと、知らないうちに多額の借金を背負ってしまうこともあり得ます。
大まかに説明しますね。

 

キャッシュカード:銀行にお金を預けたり、預けているお金を引き出すためのカードです。

 

クレジットカード:クレジット会社から一時的にお金を借りて商品の代金を支払うカードで、借りたお金は後で当然返済する必要があります。

 

キャッシングカード:キャッシング会社からお金を借りるためのカードで、借りたお金は後で当然返済する必要があります。

 

デビッドカード:買い物の支払いを銀行口座から直接引き落としてもらうためのカードです。

 

電子マネー:先にお金をチャージして、その分の買い物ができるカードです。

 

プリペイドカード:先に定額を支払っておりその分の買い物ができるカードで、図書カードなどがこれに当たります。

 

カードの中には先払いのもの、自分の貯金から支払われるもの、企業に借りて支払われるものがあるのです。

 

きちんと理解しないまま適当にカードを使っていると、借金が膨らんでいることもありますので、お気を付けください。