クレジットカード 払えない 弁護士

クレジットカードが払えないときは弁護士がお助けします!

便利なクレジットカード。
使いすぎて返済が出来なくなってきたと感じていませんか?

 

クレジットカード 払えない

 

クレジットカードは手元に現金がなくても、欲しいものが買えてしまいます。
リボ払いで12回払い、ボーナス払いと支払いを先のばしにして毎月の返済がすごいことになり、足りない現金をまた別のところから借りて補う・・・。

 

クレジットカードの返済ができなくなったら、自己破産?
そう思っている人がたくさんいます。

 

しかし、クレジットカードの借金は減額できます。
借金の解決方法にはいくつかあり、@任意整理 A個人再生 B自己破産 などが有名です。

 

@任意整理:金利分が減額されます。
A個人再生:住宅ローン以外の借金が減額されます。家を残すことができます。
B自己破産:家や車、一定額以上の貯金などを差し押さえになる代わりに、借金が帳消しになります。

 

でも、どの方法でも選べるというわけではありません。

 

現在の収入の状況や借入れをした理由などによって、適用できるかどうかが決まります。
裁判所への申請が必要なものもあります。

 

今の自分はどの方法が適用できるのか知りたいなら、相談することをオススメします。

 

 

 

 

そもそもなぜカード会社が借金の減額に応じてくれるのでしょう?

 

それは、自己破産になると1円も返済されなくなってしまうからです。

 

弁護士や法律の専門家から借金の減額依頼を受けると、任意整理や個人再生で借金が減額されても返済は続きます。
そちらの方が自己破産より得なため、カード会社は減額に応じてくれるのです。

 

クレジットカード 返済 不可能

 

仕事で忙しく何度も休めないあなたに代わって、弁護士や法律の専門家がカード会社や裁判所に交渉したり書類を作って提出してくれます。

 

借金解決のつよい味方になってくれるはずです。

 

まずは無料相談で、話をしてみませんか?

 

 

 

 

 

どこに相談したらいいのかわからない人は

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589